プロフィール

F512Masayoshi

Author:F512Masayoshi
ご訪問ありがとうございます。
気まぐれに猫ちゃん、愛車の写真を掲載させて頂いております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

【愛 車】
○ Ferrari 512M
○ ベントレーフライングスパー
○ VOLVO 850R

【バイク】
○ GSX-R1100 '88

【愛 猫 】
Mix 1匹
(ちっちちゃん)

スコテッシュホールド2匹
(うにぃちゃん、ぽっぽちゃん)

チンチラ
(ピンクちゃん)


パン酵母の基礎化粧品

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

PV


月別アーカイブ
前の月(05月)2013年06月のアーカイブ次の月(07月)

  • La Ferrari (ラフェラーリ F150) - No646 at 2013年06月04日  (Tue)  20:48:47  [Ferrari]
    La Ferrari (ラフェラーリ F150)スペチアーレ日本上陸。。。東京ドームホール上陸! @ プレス発表^^正規輸入のマシーンは名古屋4台?。。。大阪5台?。。。東京不明。。。名古屋の2台は身近の方らしい^^凄すぎる。。。。。F12とSet販売。。。転売○可の○○○。。。。。雲の上を越えて宇宙感覚のマシーン。。。。。。頑張ります。。。。(声が出ない....)一億6000万?。。1億2000万。。。。(ムリ 涙)頑張ります。。。。。コードネー...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

La Ferrari (ラフェラーリ F150)
[20130604]
エアチャレ第二弾 サイトバナー のコピー

La Ferrari (ラフェラーリ F150)

スペチアーレ日本上陸。。。東京ドームホール上陸! @ プレス発表^^

正規輸入のマシーンは名古屋4台?。。。大阪5台?。。。東京不明。。。
名古屋の2台は身近の方らしい^^
凄すぎる。。。。。

F12とSet販売。。。転売○可の○○○。。。。。
雲の上を越えて宇宙感覚のマシーン。。。

。。。頑張ります。。。。(声が出ない....)



写真+7_convert_20130604204143

写真+3_convert_20130604203801

一億6000万?。。1億2000万。。。。(ムリ 涙)
頑張ります。。。。。


写真+2_convert_20130604203716

写真+5_convert_20130604203957


写真+9_convert_20130604204307

写真+4_convert_20130604203841

写真+6_convert_20130604204052

写真+8_convert_20130604204228



コードネーム「F150」として開発されていたラ フェラーリは、フェラーリ初の市販ハイブリッドカーとして2013年3月のジュネーブショーにてワールドプレミアされた。エンツォフェラーリの実質的後継モデルである。
F40、F50、エンツォフェラーリといった歴代の限定生産車はフェラーリの「創業○○周年」モデルと銘打たれてきたが、今回は記念事業的な色付けはなされていない。フェラーリとしては珍しく、2012年9月のパリサロンでカーボン製のモノコックのみが披露され、動力がハイブリッドとなることが明らかにされたのに続き、2012年12月からはフェラーリ社の公式ホームページで発表が予告されるなど、事前のティーザーキャンペーンが行われた。
開発にはスクーデリア・フェラーリのドライバーであるフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映されている。
世界限定499台のみが生産される予定だが、日本円で約1億6000万円ほどするにもかかわらず、すでに世界中から1000人以上の購入希望者が殺到している[2]。
メカニズム [編集]


ボディスタイリングは定番のピニンファリーナではなく、フラビオ・マンツォーニ率いる自社デザインチームによるもので、1960年代後期に活躍したスポーツプロトタイプの面影を込めたという[3]。
カーボンモノコックはF1マシンと同じ工程で製造され、過去のモデルよりもねじり剛性が27%、ビーム剛性は22%向上した[3]。
空力面では「アクティブ・エアロダイナミクス」を初採用。前後ディフューザーやアンダーパネル、スポイラーが自動的に可変し、走行状況に応じて最適な空力特性を実現する[3]。
エンジンはF12ベルリネッタ用の6,262cc自然吸気65度V型12気筒エンジンをベースに、最高出力800PS/9000rpm、最大トルク700Nm/6750rpmまでチューン[4]。F1で培われた運動エネルギー回生システム (KERS) の技術を市販車向けにフィードバックした「HY-KERS(ハイ・カーズ)」を介して120kW (163PS) をアシストし、全体で963PS、900Nm以上を発生する[4]。
「HY-KERS」は3年前の2010年3月のジュネーブモーターショーにおいて、599GTBフィオラノベースの実験車が公開されていた[5]。システムはマニエッティ・マレリと共同開発した2モーター方式で、ミッドシップにV型12気筒エンジンをレイアウトし、7速DCTと1つのモーターを一体設計。さらに、もうひとつのモーターはエンジンの前方にレイアウト。2つのモーターはバッテリーと接続され、減速時には、モーターがジェネレーターの役割を果たし、発生した電力をバッテリーに蓄えるシステムとなっている。なお、バッテリーのみでのEV走行は「このモデルの使命に相応しくない」として採用されていない[3]。
ハイブリッド化したことで、エンツォフェラーリ比で二酸化炭素排出量を約50%削減[6]。パフォーマンスも大幅に向上し、0‐100km/h加速は3秒以下、0 - 200km加速は7秒以下、0 - 300km加速は15秒、最高速は350km/hオーバーの実力を誇る[6]。テストトラックのフィオラノにおけるラップタイムはエンツォフェラーリより5秒、F12ベルリネッタより3秒以上速い、1分20秒以下と発表された[4]。
装着されるタイヤはピレリP Zero。

いつもご訪問ありがとうございます
“ぽちっと”応援クリック頂ければ幸いです
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村


写真日記 ブログランキングへ



写真_convert_20130326182518
株式会社スカイビューティーのFaceBookはこちらから
スポンサーサイト
2013-06-04(Tue) 20:48 Ferrari | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 F512Masayoshi all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。